歴史からたどる葬儀の変化

葬儀の歴史

葬儀の歴史 故人との最後のお別れの場である葬儀も、遡れば古い歴史の中から生まれました。日本の歴史では、古く縄文時代から行われていました。当時は、土葬が行われ遺体を曲げて埋めるという方法で埋葬していました。これが、弥生時代になり古墳が作られるようになると、貴族や王族の埋葬地に石を積むようになりました。古墳の大きさは当時の権力者の力を表す象徴ともされていました。これが今の墓地の原点とも言われています。このときまだ仏教は日本には伝わっていませんでした。

日本にも仏教が伝わりはじめ、古くからある信仰と深く交わっていると言われています。奈良時代では、葬儀は上級階級のみ行われ、貴族だけの特別なものでした。人の死というものは不吉であるという考えが根深くあり、死者に触れたり、関わることは決してしてはいけないことでした。現代の日本でも一部の地方では身内から死者がでると、神社の鳥居をくぐることを禁じられていたり、塩で清めるというような文化が残っているところもあります。葬儀という文化がまだ民衆に浸透していなかったときは、遺体を道沿いや藪の中に捨てていたと言われています。そして、放置して腐敗させるか、自然の生き物に食べてもらうという自然に任せた埋葬方法でした。民衆に広めるきっかけとなったのが、平安末期から鎌倉時代にいた僧侶たちでした。僧侶たちの活躍によって、町民や農民にも浸透し、浄土思想の基盤ができました。死体を捨て、自然に任せていた時代から、集団の埋葬地を作り、墓石を構える文化が一般市民にも広まりました。朝鮮戦争後、葬具会社などの関連業者が多く出始めました。戦争直後には冠婚葬祭互助会が発足しました。1965年ごろには民間の斎場も出始め、1985年以降は葬儀、告別式が斎場で行われるようになりました。バブル崩壊後は告別式が独立したようなお別れ会という、費用をかけないものなども生まれました。日本の葬儀は今も仏教式が多いですが、昔よりは檀家制度は弱まり、無宗教式の葬儀も増加中にあります。

このように日本の葬儀の歴史をたどっても時代の変化とともに大きく変化し続けてきました。ここ10年の間にも急激な高齢化や核家族化の進行に伴って、葬儀のスタイルやニーズも大きく変わってきてます。新しい葬儀の形が作られ、より簡略化し便利になり、今までになかった自由が生まれ、そして今、自分で自分の葬儀を選ぶことができる時代になりました。葬儀という儀式は私たちの生活と切り離すことができない存在です。そんな多様な時代だからこそ自分でしっかりと見極める必要があります。

最新の情報

  • [2019年04月15日]
    ホームページを更新しました。

  • [2019年04月15日]
    運営者情報を追加しました。